アスリートインソール

入谷式足底板はあおぞら接骨院ではアスリートインソールと呼ばれています。入谷式足底板は理学療法士の入谷誠先生が開発されたインソール です。

このインソールの作成方法は世界で一番細く評価するインソール だと言っても過言ではありません。

料理に例えればとても繊細な味付けで人々を魅了するものと変わらないのです。

そのため多くのトップアスリートが入谷式足底板を使用しています。

入谷式足底板は評価方法、作成方法がとても細かく繊細なため量産はできないのです。

症状に対し一人一人インソールを細く調整していくため同じものが出来上がるということはまずあり得ません。

既製のインソールとの大きな違いはまず厚さです。

0、3ミリから削る厚さを決めていくので市販のインソールなどと比べるとかなり薄いものになっています。

市販のインソールは出来上がったらそこで終了となりますがアスリートインソールは症状が改善されるまで調整を続けます。また捻挫したなど症状が出た際にその場で調整できる汎用性が広いことにあります。

インソール作成のお問合わせ、お困りの症状などお気軽にご相談下さい。