シンスプリント

シンスプリントとは日本整形外科学会によると運動後、運動中にスネの内側が痛くなる症状と定義され疲労性骨膜炎とも言われています。

シンスプリントになるには様々な要因が重なることが多いですが特に走り込みが多くなる時期に発生することが多く見られます。

足に過度な負担がかからなければ痛みが出ることは少ないのですが走り込みをしなければ強くならないしという痛みと強化の難しいところが出てきます。

シンスプリントの痛みが出るということは何かしら原因があるはずです。

その原因を潰していくことが対処療法ではなくシンスプリントの根本的な治療になっていきます。

あおぞら接骨院では足のサイズから靴が合っているかまで確認後、はじめて走るフォーム、歩く姿を確認していきます。

靴などに問題がなければ走る姿や歩く姿に原因が隠れていることが多くあります。

あおぞら接骨院ではシンスプリントを引き起こす本当の原因を探し出し治療していきますが多くはフォーム、足の着き方などが多い印象です。

足の着き方などであればインソールによって足の着き方を改善していくことが多いです。

何かお困りの症状などがございましたらお気軽にご相談ください。

    前の記事

    インソール作成方法