怪我をした時に行うこと

痛みが出た時に体を休めるのはとても大切ですね。

休まなければ怪我は治ってきません。

休む時間を何もしなければ復帰した際にマイナスの状態から始まります。

しかし休む時間をなぜ怪我をしたのか痛みが出たのか考える時間や

怪我をした動作をなおす修正の時間、柔軟性をアップする時間、筋力を上げる時間、他のスポーツをして違う身体の動きを覚える時間、さまざまな時間に使えます。

怪我をした時間を有用に使うことが復帰した際にプラス以上に働きさらにパフォーマンスがアップしている時があります。

怪我をした理由を探すこと、怪我には理由があります。

それは人によって本当に様々です。

病院で筋力がないから、柔軟性が低いと言われた。

本当でしょうか?それを検証してみたのでしょうか?

本当の怪我の原因は検証してみて初めてわかるものです。

これから何をしたらいいのか、どのようにリハビリや復帰まで考えたらいいのか分からない方はや野球肘、野球肩、疲労骨折、分離症、腰痛などの怪我や痛みの後遺症でお困りでしたらご相談ください。

次の記事

ピラティスと腰痛2