野球肩 野球肘 硬式ボール編

高校野球、中学のクラブチームに入って軟式ボールから硬式ボールに変わってから肩、肘が痛くなったという選手がいます。

その際にチェックして欲しいのが指のマメ。指のマメの位置によって肩にかかる負担が大きく変わってきます。

ここにマメがあれば要注意ですよ!!

ここにマメができるということは球をしっかり押し込めていないつまり球が浮きやすくなるのです。ピッチャーであれば真ん中に狙った球がいつも高めに浮いてしまう

内野手であればファーストに投げた球が悪送球になるなど色々な悪さをしでかしてきます。

イップスの原因にもなることもしばしばです。

大きな怪我の原因になることも多いです。

ここのことをうまく伝えれず高校野球の夏の大会前に肘の内側の靭帯を損傷した有望な選手がいました。何もしてやれずとても悔しい想いをしました。

ここにマメができている選手は修正方法があるので是非ご相談ください!

肩肘を壊さない選手はここにマメができていることが多いです。

先の方にマメができる選手はしっかり球が押し込めているので変化球などもしっかり決まるようになります。

ボールを投げて痛い、マメの位置がおかしい、フォームをチェックして欲しいなどお困り事がございましたらお気軽にご相談下さい。

前の記事

痛みと栄養

次の記事

サロン紹介