痛みと栄養

痛みと栄養は密接な関係があります。

体の壊れた部分を直していくのはあくまで自分の体の再生力や免疫力。

果たしてそれはどこから来るのでしょうか?

それは自分が摂取した栄養が体の中で消化分解され、それが再合成されて身体の一部になっていきます。

治りが悪い、痛みが取れないなど長引く症状の方には栄養的な問題が隠れていることが非常に多いです

あおぞら接骨院でも治りの悪い方、痛みが続いている方には血液検査をして頂くようお勧めしております。

何を食べるかもとても大事ですが栄養からみた痛みはこれを食べると早く治るのではなく何を食べない方がいいのかがとても大事です。空腹時に甘いものをたべないなど少し工夫していくだけで痛みも変わってきます。

痛みが長引いている。怪我がなかなか治らないなどの症状がありましたらご相談下さいね。