グロインペイン症候群

グロインペイン症候群のアスリートの治療を致しました。

サッカーのアスリートによくある症状でボールを蹴る際に股関節の内側が痛いという症状です。

この場合は原則休めば治るというものではありません。

休めば確かに炎症がおさまり痛みが引くこともありますがまたぶり返すことが多いです。

それはボールを蹴る際に下半身のみを使いすぎて全身運動になっていないことが非常に多く見受けられます。そこが改善しない限り痛みは引きません。

上半身をうまく使い下半身だけに頼らないこと。

そこがとても肝要です。

今回は反対側の足の治療とシュートフォームを見直して施術終了です。

痛みは休むサインだけではなくパフォーマンスを上げるチャンスの一つだと考えてもらえるともっと成長できるチャンスにつながります。