価格も含めて病院のインソールとの違い

セライブ&スマイルで作るインソールと病院のインソールの違いはなんですか?とよく聞かれます。

病院でのインソールは型にはめて作るものがほとんどです。

このようにスポンジにはめて作ります。

病院でのインソールは足の形をきれいに取り足の裏を埋める目的のインソールとなります。

セライブ&スマイルのインソールは痛みやパフォーマンスを低下させる動きを変えることが目的となるため足の形をスポンジでは取りません。

テープなどをはり1時間ほど歩いてもらい動きを変えて良い足の形にしてからインソールの作成に入ります。

型を取るだけなら数分でできますがセライブ&スマイルのインオールは作成に入るまでに何倍もの手間がかかっています。

作成してからも調整やメンテナンスを2週から数ヶ月ごとに行っていきます。

費用面で見ていきましょう。

病院では点数化されています。3割負担で見ると

病院の診察代で13190円の3割で3972円の支払い

義肢装具士に支払う金額 約40000円 3割負担で12000円です。

ここでは一括で40000円支払い、後から28000円返ってくるシステムになっています。

病院での支払い合計53190円の3割で43972円の支払いとなります。

セライブ&スマイルでは27500円のみとなります。

セライブ&スマイルには病院でインソールを作成して治らない方がよくいらっしゃいます。

それは機能面、価格面、でもセライブのインソールが効果が高いからだと考えております。